パワーポイントで交差の矢印を書きたいのですね。

広告

パワーポイントで交差の矢印を書く方法

↓こちらがわかりやすいでしょう。
●パワーポイント2007を使ってます。線と線が交差するところで「またぐ」という意… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447327789

半円を用意したり線を切ったり、見た目以上に大変そうです。

もっといい方法を探したい時は自力で試行錯誤

交差の図も探すと他にも表現方法が有るかもしれません。
↓Google画像検索で探すといいかもしれません。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

再利用可能な部品集を作る方法も

角度の違う半円マークがあればいいと思うので、何パターンか用意すればいいのではないでしょうか。
中途半端な角度を扱うのであれば、そろそろCADソフトの出番かもしれません。

勉強は一生続く

どんな職業も勉強は一生続きます。
勉強を続けないと、新参者に追いつかれ、追い越されてしまいます。
要領が良ければ勉強をしなくても何とか渡っていく事もできるのかもしれませんが。


学生時代は、通信教育で学校の教科書に合った内容の問題集が入手できたものです。
若いうちは資格取得でもそれなりのテキストは入手できます。
ただ仕事は問題集なんて有りません。
若い時に道が決まって定年までが見えている人はいいのですが、私は若い時に身につけた事を捨てざるをえなくなり困ったものです。
新しい業界に入るのも大変です。
専門の教育機関を卒業した人には、いくら本を買って勉強しても追いつきませんし。
自分でも合わない仕事だなと思ってもやらざるを得ませんでした。
でも今ってそういう人も多いかもしれません。
地方で就ける仕事は限られていますし。
夢を求めて都会に出る人も出てくるのは仕方が無いのかもしれません。
ただ東京に出ても、激務を任されたり、残業が桁外れだったり、電車通勤の時間が長かったり、知り合いがなかなか作れなかったり、苦労が絶えないような気がします。
東京でも落ち着けなかった人は、また地方に帰っていくのかもしれません。
でも東京に出た人は、人によって違うにしても、それなりに何かきらめくものを手に入れた人もいるのかもしれません。
私も数年前に東京に行ったのですが、地方とは違うなと思う事はいくつかありました。

広告

関連コンテンツ